コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清範 せいはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清範 せいはん

962-999 平安時代中期の僧。
応和2年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)の人。法相(ほっそう)宗。奈良興福寺の守朝の弟子。大和(奈良県)子島寺真興にもまなび,博学で文殊菩薩(ぼさつ)の化身といわれた。京都清水寺別当。長徳4年権(ごんの)律師。清水律師とよばれた。長保元年閏(うるう)3月22日死去。38歳。俗姓は大和。著作に「五心義略記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

清範

没年:長保1.閏3.22(999.5.10)
生年:応和2(962)
平安前期の法相宗の僧で清水寺別当。「しょうはん」ともいう。別称清水律師,清水上綱など。播磨国(兵庫県)の人。興福寺守朝や真興に師事し法相を極めた。長徳3(997)年に維摩会講師を勤め,翌年その功により権律師に任ぜられた。文殊の化身とされ,藤原道長が設けた法会において,文殊と書いた札を隠した僧侶の坐帖を見抜いた逸話が伝えられる。また,説教の名手でもあり藤原定子が設けた法会では万座の人々を感泣させたという。<著作>『般若理趣分経註』

(追塩千尋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

清範の関連キーワード祖父尼半九郎霊雲院庭園今年の漢字咲村 観咲村観真範

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清範の関連情報