コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋沢喜作 しぶさわ きさく

2件 の用語解説(渋沢喜作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋沢喜作 しぶさわ-きさく

1838-1912 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)9年6月10日生まれ。従弟の渋沢栄一とともに一橋家につかえ,幕臣となる。戊辰(ぼしん)戦争では彰義隊を組織するが脱退,のち五稜郭(ごりょうかく)にこもる。維新後,大蔵省につとめたのち,明治7年渋沢商店をひらき,廻米(かいまい)問屋,生糸売込問屋をいとなむ。東京株式取引所理事長。大正元年8月30日死去。75歳。武蔵(むさし)榛沢(はんざわ)郡(埼玉県)出身。通称は成一郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渋沢喜作

没年:大正1.8.29(1912)
生年:天保9.6.10(1838.7.30)
明治期の実業家。武蔵国(埼玉県)の渋沢文左衛門の長男。渋沢栄一の従兄。成一郎と称す。元治1(1864)年栄一と共に一橋家に仕官し,一橋(徳川)慶喜の将軍就任と共に幕臣となり奥右筆を務める。明治1(1868)年同志と共に彰義隊を組織したが,脱隊して振武軍をつくり,飯能で官軍と戦う。その後箱館の五稜郭の榎本武揚軍に加わる。4年大蔵省入省後,製糸法の調査研究のためヨーロッパに留学。帰国後6年退省し小野組糸店に入社。翌年渋沢商店を開業,横浜に生糸売り込み問屋を,東京深川に廻米問屋を営む。米相場などの投機事業家の側面を持つ人物であった。

(木村昌人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渋沢喜作の関連キーワード綾部惣兵衛大川英太郎大川平三郎渋沢宗助清水宗徳橋本喜助星野仙蔵細田栄蔵諸井恒平横田五郎兵衛

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone