コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋谷兼八 しぶたに かねはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋谷兼八 しぶたに-かねはち

1888-1968 大正-昭和時代の水産業者。
明治21年9月19日生まれ。日本郵船の欧州航路の船員となり,外国のトロール漁船をみて帆船手繰り網漁法の改良をこころざす。島根県水産試験場に勤務後,独立。大正7年動力で網をまきあげる巻上機を考案し,日本最初の機船底びき網漁法,さらに2艘(そう)での底びき網漁法を開発した。昭和43年12月16日死去。80歳。島根県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渋谷兼八の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android