渋谷黎子(読み)しぶや れいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋谷黎子 しぶや-れいこ

1909-1934 昭和時代前期の農民運動家。
明治42年6月24日生まれ。農民運動家渋谷定輔(ていすけ)を知り,上京して平凡社に勤務しながら農民運動に参加。のち渋谷と結婚し,埼玉県で全国農民運動に従事。昭和7年西吉見(にしよしみ)事件で逮捕され,拷問の傷と過労がもとで9年9月16日死去。26歳。福島県出身。梁川高女卒。旧姓は池田。前名はウメ子。遺稿集に「この風の音を聞かないか」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android