コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多色印刷 たしょくいんさつ

2件 の用語解説(多色印刷の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

多色印刷【たしょくいんさつ】

2種以上の色を用いる印刷,普通には色分解によるカラー印刷をさす。プロセス平版原色版,多色グラビアグラビア印刷)など。印刷インクは色分解した場合の標準4色の赤(マゼンタ),青(シアン),黄(レモンイエロー),黒(カーボンブラック)のほか,色の再現を厳密にするため,補色や中間色を加えて6色,8色等多数用いる場合もある。
→関連項目RGBカラースキャナー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多色印刷
たしょくいんさつ

2色以上の色を刷り重ねる印刷。印刷では銀塩カラー写真やカラーテレビと異なり、紙の上に一度に2色以上の印刷をすることはできず、色数だけの版をつくって順次刷り重ねていく。この場合、黒(印刷では墨という。ブラックblack)のほかに、たとえば赤を入れるような2色印刷や、さらに青を入れるような3色印刷も多色印刷であり、黄(イエローyellow)、赤(紅、マゼンタmagenta)、藍(あい)(シアンcyan)の3色に墨を加えた、いわゆる原色版印刷も多色印刷である。2色印刷は、たとえば文字の部分を墨刷りとして挿絵を青で刷るような場合で、刷り上がりを見ても、ほぼ2色の表現である。
 3色以上の多色印刷は濃淡の調子のある網版を黄、赤、藍の3色分つくり、刷り重ねることによって、3色はもちろん、あらゆる色(フルカラー、天然色)を表現する。両者とも、インキの色数分の版をつくるには、手作業的につくるか、写真を利用して3色分解をするか、エレクトロニクスを応用したカラースキャナーを使用する。3色分解のほとんどはカラースキャナーを利用し、各インキの色調の補正もこの機械を利用する。
 以前の印刷には1色ずつ刷る単色の印刷機で順次刷り重ねたが、現在では多色を一度に刷れる印刷機で刷り重ねる。多色機には2色機や4~8色機が多く、紙の表に4色、裏に4色を刷り重ねて乾燥し、さらに折りまで行う機械もある。この種の機械を使って印刷するときは、初めに刷った色インキの上に次の色インキがのり、絵模様がずれることなく刷り重ねられなければならない。色インキの刷り重ねの順序は、昔は黄、赤、藍、墨であったが、いまは墨、藍、赤、黄が多い。[山本隆太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の多色印刷の言及

【印刷】より

…これにインキをつけると,浅いところは少なく,深いところは多くつくので,紙に移すと濃淡の諧調が再現できる。 写真や絵画などの印刷ではカラー印刷(多色印刷)の需要が多い。印刷において色を作り出すのに用いられている原理は減法混色と呼ばれ,これは,シアン(青緑),マゼンタ(赤紫),イェロー(黄)のインキを適当な濃度で混ぜ合わせるとすべての色を再現できるというものである。…

※「多色印刷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多色印刷の関連キーワード色分解レジストレーション化合物混色重ね織物配色織紅梅掛合せ掛合せる三色版

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone