青緑(読み)あおみどり

色名がわかる辞典の解説

あおみどり【青緑】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな青緑」としている。一般に、の中間色をさし、色のイメージは幅広い。JISの色彩規格では青竹色を「やわらかい青緑」、鉄色を「ごく暗い青緑」、錆浅葱さびあさぎを「灰みの青緑」とし、さまざまな色のベースとなっている。また、電車の車両塗装でJR常磐線などに使われており、鉄道模型用のカラー塗料もある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あおみどり【青緑】

緑と青の中間の色。古くは、藍あいと黄蘗きはだで染めた濃い緑色。
アオミドロの古名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐みどり あを‥【青緑】

〘名〙
青みを帯びた緑色。藍に黄蘗(きはだ)をかけて染める。濃い緑色。
※延喜式(927)一四「雑染用度〈略〉青緑帛一疋。藍四囲。黄蘗二斤」
② 植物「あおみどろ(青味泥)」の古名。
※新撰六帖(1244頃)五「片淵の水に浮きたる青みどり何を種ともなき世なりけり〈藤原光俊〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青緑の関連情報