コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺去何 わたなべ きょか

2件 の用語解説(渡辺去何の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

渡辺去何

俳人。近江の人。号古巣園。伴蒿蹊について和学を学ぶ。蝶夢門。書を能くし、其の板下は多く去何の筆になる。文化13年(1816)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺去何 わたなべ-きょか

1750-1816 江戸時代中期-後期の俳人。
寛延3年2月17日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)浅井郡速水(はやみ)村の庄屋。伴蒿蹊(こうけい)に国学を,五升庵蝶夢(ごしょうあん-ちょうむ)に俳諧(はいかい)をまなぶ。蝶夢の著作の版下をかき,旅にしたがった。文化13年5月3日死去。67歳。名は栄,のち朗。字(あざな)は明夫。通称は甚介。別号に古巣園,如意庵。編著に「ひとよふね」「廿日月集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

渡辺去何の関連キーワード菱田縫子井戸甘谷国包(11代)三鍼樗雲出目満猶土肥鹿鳴平賀東巌森俊韶山岸秋良

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone