コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺明 わたなべあきら

2件 の用語解説(渡辺明の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

渡辺明

将棋棋士。1984年4月23日、東京都葛飾区生まれ。2000年4月、15歳で四段に昇段、プロデビューを果たし、史上4番目の中学生棋士となった。03年9月、「第51回王座戦」において、王座保持者であり一回り以上年上の羽生善治と対局したが、惜敗した。同年、将棋大賞の新人賞を受賞。2004年、「第17期竜王戦」を弱冠20歳で制し、竜王位を獲得。05年、史上最年少にして九段となる。08年、「第21期竜王戦」を制し、初代永世竜王の資格を取得した。13年3月、挑戦者決定リーグで6戦全勝し「第62期王将戦」への初挑戦で優勝、王将位を獲得した。

(2013-3-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺明 わたなべ-あきら

1984 平成時代の将棋棋士。
昭和59年4月23日生まれ。平成6年小学4年のとき小学生名人戦を史上最年少で優勝。同年奨励会入会。所司和晴門下。12年4段,中学生棋士となる。15年王座戦でタイトル初挑戦。16年森内俊之をくだし竜王のタイトルを獲得。17年度には優秀棋士賞,最多勝利賞を受賞し,史上最年少9段となる。20年竜王位5連覇を達成して同棋戦史上初の永世竜王の資格を獲得。23年羽生善治の王座20連覇を阻み王座位を獲得。24年竜王位9連覇。25年朝日杯将棋オープン戦優勝。同年棋王位も奪取して三冠となる。東京都出身。聖学院高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

渡辺明の関連キーワード加藤一二三有吉道夫大内延介木見金治郎蛸島彰子林葉直子久保利明深浦康市丸山忠久

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡辺明の関連情報