渡辺熊四郎(初代)(読み)わたなべ くましろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺熊四郎(初代) わたなべ-くましろう

1840-1907 幕末-明治時代の実業家。
天保(てんぽう)11年6月17日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)の人。文久3年箱館(はこだて)にわたり,海産物商となって巨利をえた。明治2年金森森屋洋物店(百貨店棒二森屋の前身)を設立し,さらに書籍,廻船,倉庫などに事業をひろげた。11年北海道初の新聞「函館新聞」を創刊。小学校,病院を建設するなど公共事業にもつくした。明治40年11月30日死去。68歳。本姓は山下。名はのち孝平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android