渡鳥(読み)わたりどり

精選版 日本国語大辞典の解説

わたり‐どり【渡鳥】

〘名〙
① 鳥類の生態上の区分。留鳥に対する語。繁殖する地域と非繁殖期を過ごす地域とが離れていて、毎年定期的にその間を往復する鳥をいう。また、ある地域に毎年一定の季節にだけ現われる鳥をいうこともあるが、この場合には候鳥と呼ぶ方が正しい。カモ類の大部分、ガン類、ハクチョウ、ツグミなど。《季・秋》
※俳諧・西鶴五百韻(1679)何鞠「渡り鳥遠ひ所をはれやれやれ〈西花〉 とやいて見てもきかぬみみつく〈西友〉」
② 外国から日本へつれてきた鳥。孔雀(くじゃく)、鸚鵡(おうむ)など。
※浮世草子・世間胸算用(1692)四「色色のわたり鳥調へて都にのぼりしに」
③ 定住しないで方々を渡り歩いて生活する人。渡り稼ぎする人。渡り者。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一二「家も故郷も無く渡り歩いてゐる無籍者のやうな職工もゐた。これを『渡り鳥』と言ふのであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android