コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袈裟襷文 けさだすきもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袈裟襷文
けさだすきもん

弥生時代の銅鐸や銅鐸型土製品に施された,斜線の交差した菱格子目状の襷文。この名称は僧侶の袈裟に似ているところからつけられた。 (→渦巻文 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けさだすき‐もん【×××襷文】

銅鐸(どうたく)の文様の一。斜め格子文の縦帯横帯を直交させて鐸身を2列二段ないし三段に区切ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袈裟襷文
けさだすきもん

銅鐸(どうたく)の身に施された模様。横帯と縦帯を交差させた一種の格子模様。僧侶(そうりょ)が着用する袈裟に見立てて名づけられた。4区、6区が一般的であるが、ときには12区の特異な形式もみられる。区画の内部は無文のもののほかに、蕨手文(わらびでもん)、双頭渦文(かもん)など幾何学模様を入れたものや、動物、人物、建物など絵画的な図様を施したものもある。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

袈裟襷文の関連キーワード兵庫県南あわじ市松帆檪田神戸市立博物館加茂岩倉遺跡志谷奥遺跡荒神谷遺跡鐘(楽器)日本建築大福遺跡砥鹿神社渥美焼金鶏山図様