コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袈裟襷文 けさだすきもん

3件 の用語解説(袈裟襷文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袈裟襷文
けさだすきもん

弥生時代の銅鐸や銅鐸型土製品に施された,斜線の交差した菱格子目状の襷文。この名称は僧侶の袈裟に似ているところからつけられた。 (→渦巻文 )  

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けさだすき‐もん【×××襷文】

銅鐸(どうたく)の文様の一。斜め格子文の縦帯と横帯を直交させて鐸身を2列二段ないし三段に区切ったもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袈裟襷文
けさだすきもん

銅鐸(どうたく)の身に施された模様。横帯と縦帯を交差させた一種の格子模様。僧侶(そうりょ)が着用する袈裟に見立てて名づけられた。4区、6区が一般的であるが、ときには12区の特異な形式もみられる。区画の内部は無文のもののほかに、蕨手文(わらびでもん)、双頭渦文(かもん)など幾何学模様を入れたものや、動物、人物、建物など絵画的な図様を施したものもある。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

袈裟襷文の関連キーワード銅鐸弥生時代朝日遺跡島根の青銅器遺跡地帯鋸歯文ドウタクくん志谷奥遺跡小銅鐸朝鮮式小銅鐸銅鐸形土製品

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone