港崎可粋(読み)みなとさき かすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

港崎可粋 みなとさき-かすい

みおざき-かすい

港崎可粋 みおざき-かすい

1802-1878 江戸後期-明治時代の国学者。
享和2年生まれ。幕臣海野幸典和歌,国学をまなぶ。一弦の須磨琴をたしなみ,東小歌と名づけた曲をつくって元祖を称した。明治11年12月14日死去。77歳。小栗。名は信篤。通称は永言。別号に栗廼屋,遊戯坊。著作に「東小歌合」「」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android