コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯島神社 ユシマジンジャ

3件 の用語解説(湯島神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆしま‐じんじゃ【湯島神社】

東京都文京区にある神社。祭神は天之手力雄命(あまのたぢからおのみこと)菅原道真湯島天神

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯島神社
ゆしまじんじゃ

東京都文京区湯島三丁目に鎮座。祭神に天之手力雄神(あめのたじからおのかみ)、菅原道真(すがわらのみちざね)を祀(まつ)る。一般に「湯島天神」とも「湯島天満宮」とも称され、学問の神様として著名。とくに受験期には合格祈願の参拝が多い。社伝によると、雄略(ゆうりゃく)天皇のとき、天之手力雄神を創祀(そうし)、のち1355年(正平10・文和4)に菅原道真を合祀した。江戸上下の尊崇を集め、太田道灌(どうかん)は社殿を改築、徳川氏も造営料を寄進した。例祭日は5月25日。[沼部春友]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯島神社の関連キーワード浅間神社愛宕神社白鬚神社住吉神社若王子神社鷲神社松陰神社東郷神社黄金山神社手力雄神

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone