コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合祀 ごうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合祀
ごうし

2社または2柱以上の祭神を1社に合せること。またある神社の祭神をほかの神社に合せ祀ること。本殿合祀,境内合祀,飛び地合祀の3つの型式がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごう‐し〔ガフ‐〕【合×祀】

[名](スル)2柱以上の神を一つの神社にまつること。また、ある神社にまつってあった神を、他の神社に移して一緒にまつること。合祭合座

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうし【合祀】

( 名 ) スル
二柱以上の神や霊を一神社に合わせ祀まつること。また、ある神社の祭神を他の神社に合わせ祀ること。合祭。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合祀
ごうし

一神社の祭神を他の神社にあわせて祀(まつ)ること。江戸時代には寄宮(よせみや)といった。明治維新から第二次世界大戦終結(1945)までは、由緒不明とか、社殿が廃れて独立した神社として維持できない場合などに許された。一社または数社の独立した神社の祭神を他の神社の本殿に合祀したり、一神社の境内地や飛び地境内地へ他の神社を移転する(合祀された神社は境内神社となる)場合もある。[飯尾直樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

合祀の関連キーワード新井白石(1657〜1725)シンガポールの日本人墓地靖国合祀取り消し訴訟客神(まろうどがみ)神道指令と靖国神社新資料集の刊行A級戦犯と合祀青森県護国神社靖国神社と合祀ひめゆりの塔渟名城入姫命惣社(総社)大多羅寄宮跡湯島天満宮テルミヌス水無瀬神宮大国魂神社平安神宮靖国問題田中伸尚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合祀の関連情報