合祀(読み)ごうし

日本大百科全書(ニッポニカ)「合祀」の解説

合祀
ごうし

神社祭神を他の社にあわせて(まつ)ること。江戸時代には寄宮(よせみや)といった。明治維新から第二次世界大戦終結(1945)までは、由緒不明とか、社殿が廃れて独立した神社として維持できない場などに許された。一社または数社の独立した神社の祭神を他の神社の本殿に合祀したり、一神社の境内地や飛び地境内地へ他の神社を移転する(合祀された神社は境内神社となる)場合もある。

[飯尾直樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「合祀」の解説

合祀
ごうし

2社または2柱以上の祭神を1社に合せ祀ること。またある神社の祭神をほかの神社に合せ祀ること。本殿合祀,境内合祀,飛び地合祀の3つの型式がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「合祀」の解説

ごう‐し〔ガフ‐〕【合×祀】

[名](スル)2柱以上の神を一つの神社にまつること。また、ある神社にまつってあった神を、他の神社に移して一緒にまつること。合祭合座

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

葬儀辞典「合祀」の解説

合祀

二柱以上の神やをあわせて一社に祀ること。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

普及版 字通「合祀」の解説

【合祀】ごうし

合わせ祀る。

字通「合」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android