コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯津上 ゆづかみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯津上
ゆづかみ

栃木県北東部,大田原市南部の旧村域。那須野原の南東部にある。 1889年村制。 2005年大田原市に編入。中心地区の佐良土は那珂川箒川の合流地点にあり,周辺では米作と畜産が主産業。那須国造碑 (国宝) ,侍塚古墳 (国指定史跡) が那珂川沿岸にある。一部は八溝県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯津上
ゆづかみ

栃木県北東部、那須(なす)郡にあった旧村名(湯津上村(むら))。現在は大田原(おおたわら)市の中央部南寄りを占める地域。旧湯津上村は1889年(明治22)成立。2005年(平成17)大田原市に編入。国道294号、400号が通じる。旧村域は那須扇状地の南端に位置し、東縁を那珂(なか)川、南縁を箒(ほうき)川が流れる。産業の中心は、那珂川・箒川の沿岸低地と金丸原(かねまるはら)を刻む小河川沿いでの水稲作、および金丸原の開拓地における酪農に代表される農業である。工業の開発も行われ、品川台工業団地が造成されている。笠石(かさいし)神社には日本三古碑の一つである那須国造(くにのみやつこ)碑(国宝)があり、国指定史跡に上侍塚(かみさむらいづか)古墳、下侍塚古墳がある。[櫻井明久]
『『湯津上村誌』(1979・湯津上村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湯津上の関連キーワード那須国造碑(なすのくにのみやつこのひ)大田原市なす風土記の丘湯津上資料館栃木県大田原市大田原(市)栃木(県)谷 邦夫下野国

湯津上の関連情報