大田原市(読み)おおたわら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大田原市」の解説

大田原〔市〕
おおたわら

栃木県北東部,那須野原の東部から八溝山地の西斜面にかけて広がる市。中央部を那珂川が貫流し,北東で福島県に,東で茨城県に接する。 1954年大田原町と金田村,親園村が合体して市制。 1955年佐久山町,2005年湯津上村と黒羽町を編入。中心市街地の大田原は中世以来大俵氏の城下町近世奥州街道宿場町で,ここで日光北街道が分かれる。県北の行政,商業,教育の中心地。米作酪農,野菜栽培を中心とした農業が行なわれる。機械,木材・木製品,食料品などの中小工場が立地。光真寺,那須神社など古社寺も多い。笠石神社にまつられる那須国造碑国宝侍塚古墳は国の史跡に指定。鎌倉時代に開かれた雲巌寺には,国指定重要文化財の絹本著色仏応禅師像などの寺宝がある。市内に生息するミヤコタナゴは国の天然記念物に指定。市域の一部は八溝県立自然公園に属する。 JR宇都宮線が市の西部を通り,国道4号線,294号線,400号線,461号線が通じる。面積 354.36km2。人口 7万5457(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android