コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箒川 ほうきがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箒川
ほうきがわ

栃木県北部,高原山北麓に発し南東流して那珂川に注ぐ川。全長約 55km。上流では小さな盆地が形成され,塩原温泉郷があり,河畔から木の葉化石が出る。渓谷美と温泉に恵まれ,日光国立公園に属する。塩原から那須野原の西端を流れ,大田原市の南西で蛇尾川を合わせたのち,那珂川に注ぐ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうきがわ【箒川】

栃木県北部を流れる那珂川の支流。全長約56km。那須火山帯に属する高原山(釈迦ヶ岳)北斜面に発し,塩原盆地を経て那須扇状地西縁を流れ,那珂川に合流。上流には塩原温泉郷が開け,下流にはV字谷の塩原渓谷がある。関谷断層線のところで平地に出,那須扇状地群の一部を形成する。重要な灌漑用水源で,那珂川から取水する那須疎水の水路は大半が箒川に流入する。上流河畔は植物化石を含む木の葉石の分布で著名。【中川 浩一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箒川
ほうきがわ

栃木県北部、那須塩原(なすしおばら)市、矢板(やいた)市、大田原市、那須郡那珂川(なかがわ)町を流れる那珂川の支流。流域面積527.5平方キロメートル、流路長55キロメートル。尾頭(おがしら)峠南の山中に源を発し、善知鳥沢(うとうさわ)、赤川などをあわせて塩原盆地に入り、塩原温泉の古町(ふるまち)、門前、畑下(はたおり)などを経て塩釜(しおがま)で高原(たかはら)山に発して北流する鹿股(かのまた)川をあわせ、福渡(ふくわた)、大網(おおあみ)など深い峡谷を流れて関谷から那須(なす)盆地に出、塩那(えんな)丘陵(別名喜連川(きつれがわ)丘陵)の北縁を洗い、同盆地の南東部で蛇尾(さび)川をあわせてから那珂川に合流する。大網付近の渓谷美は日光国立公園の名に恥じない。上流ではヤマメ、イワナ、アイソ(ウグイ)、中・下流ではアユが釣れる。流域の水田灌漑(かんがい)に利用されるほか、水力発電も行われる。夕の原にある県営塩原ダムは、洪水調節・灌漑などの多目的ダムとして1979年(昭和54)に完成した。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

箒川の関連キーワード那須たかはらオートキャンプ場栃木県那須塩原市塩原まほろばキャンプ場那須塩原(市)那須官衙遺跡那須塩原市塩原[町]箒川渓谷湯津上鳳鸞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箒川の関連情報