コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅芳子(読み)ゆあさ よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅芳子 ゆあさ-よしこ

1896-1990 大正-昭和時代のロシア文学者,翻訳家。
明治29年12月7日生まれ。昭和2-5年中条(宮本)百合子とともにモスクワに留学。帰国後,プロレタリア文学運動に参加。22年「婦人民主新聞」編集長となる。平成2年10月24日死去。93歳。京都出身。早大中退。本名はヨシ。訳書チェーホフ桜の園」,ゴーリキー幼年時代」,随筆集に「狼いまだ老いず」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯浅芳子
ゆあさよしこ
(1896―1990)

ロシア文学者、翻訳家。京都府生まれ。本名ヨシ。早稲田(わせだ)大学露文科の聴講生となる。1924年(大正13)中条(宮本)百合子(ゆりこ)と知り合い、一時共同生活をし、さらに27年(昭和2)から3年間、ともにソビエトに滞在した。執筆活動は31年以降活発となり、発表誌は『戦旗』『プロレタリア文学』『女人(にょにん)芸術』『文学評論』『行動』などの文学運動機関誌が主であったが、『文芸春秋』『世界』などの総合誌にも執筆。ツルゲーネフ、サルティコフ・シチェドリン、チェーホフ、ゴーリキーなど19世紀から20世紀のロシア文学の翻訳紹介が多い。随筆集『いっぴき狼(おおかみ)』(1966)、『狼いまだ老いず』(1973)、編著に『百合子の手紙』(1978)などがある。[尾形国治]
『『狼いまだ老いず』(1973・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android