コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅芳子 ゆあさ よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅芳子 ゆあさ-よしこ

1896-1990 大正-昭和時代のロシア文学者,翻訳家。
明治29年12月7日生まれ。昭和2-5年中条(宮本)百合子とともにモスクワに留学。帰国後,プロレタリア文学運動に参加。22年「婦人民主新聞」編集長となる。平成2年10月24日死去。93歳。京都出身。早大中退。本名はヨシ。訳書チェーホフ桜の園」,ゴーリキー幼年時代」,随筆集に「狼いまだ老いず」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯浅芳子
ゆあさよしこ
(1896―1990)

ロシア文学者、翻訳家。京都府生まれ。本名ヨシ。早稲田(わせだ)大学露文科の聴講生となる。1924年(大正13)中条(宮本)百合子(ゆりこ)と知り合い、一時共同生活をし、さらに27年(昭和2)から3年間、ともにソビエトに滞在した。執筆活動は31年以降活発となり、発表誌は『戦旗』『プロレタリア文学』『女人(にょにん)芸術』『文学評論』『行動』などの文学運動機関誌が主であったが、『文芸春秋』『世界』などの総合誌にも執筆。ツルゲーネフ、サルティコフ・シチェドリン、チェーホフ、ゴーリキーなど19世紀から20世紀のロシア文学の翻訳紹介が多い。随筆集『いっぴき狼(おおかみ)』(1966)、『狼いまだ老いず』(1973)、編著に『百合子の手紙』(1978)などがある。[尾形国治]
『『狼いまだ老いず』(1973・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湯浅芳子の関連キーワードゴーリキー(Maksim Gor'kiy)シアター・プロジェクト・東京ゴロブリョフ家の人々森は生きているツルゲーネフ宮本 百合子湯浅 芳子宮本百合子その前夜三人姉妹富本牧子昭和時代白井晃

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯浅芳子の関連情報