湯野浜[温泉](読み)ゆのはま

百科事典マイペディアの解説

湯野浜[温泉]【ゆのはま】

山形県鶴岡市,日本海岸にある温泉。含塩化土類弱食塩泉。60℃。江戸時代より知られるが,最盛期は明治以後であった。北に鳥海山を仰ぎ,海水浴,磯釣りができる。鶴岡市街からバス。
→関連項目鶴岡[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆのはま【湯野浜[温泉]】

山形県北西部,鶴岡市にある温泉。日本海に臨み,庄内砂丘の南縁に位置する。含塩化土類食塩泉,39~61℃。天喜年間(1053‐58)に漁夫がカメの湯浴みをみて発見したと伝えられる。亀の湯とも呼ばれていたことがあり,亀を湯神としてまつる。古来東山温泉,上山温泉とともに奥羽三楽郷の一つといわれた歓楽境で,曹洞宗の大寺院善宝寺の参拝者の宿泊地として,また出羽三山参詣の基点としても知られた。付近一帯の海浜は遠く鳥海山を望み,県下の代表的海水浴場としてにぎわう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android