上山温泉(読み)かみのやまおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上山温泉
かみのやまおんせん

別称鶴脛 (つるはぎ) の湯。山形県南東部の上山市,山形盆地南部の田園地帯に位置する温泉。泉質食塩泉泉温は 52~68℃。温泉街は月岡公園をはさんで湯町と新湯に分れる。市街の南方,国道 13号線に沿って河崎,高松,葉山温泉があり,総称して上山温泉郷という。蔵王道路 (エコーライン) が通じて蔵王国定公園西側の観光基地となるとともに,山形市からの行楽客も多く,東北地方の主要な温泉観光地として発展している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かみのやまおんせん【上山温泉】

山形県上山市市街地にある食塩泉。月岡城跡北側の鶴脛つるはぎノ湯と西側の新湯とに分かれ、歓楽街を形成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上山温泉
かみのやまおんせん

山形県南東部、上山市にある温泉。上山市の市街地ほぼ中心にある。月岡公園北側の旧湯鶴脛の湯(つるはぎのゆ)は長禄(ちょうろく)年間(1457~1460)に月秀上人(しょうにん)が脛(すね)の傷を湯に浸している鶴(つる)をみて発見したと伝えられ、江戸期以降栄えた。新湯は1920年(大正9)以後掘削されたもので、近代的ホテルなど新温泉街を出現させた。泉質は塩化物泉。[中川 重]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かみのやま‐おんせん ‥ヲンセン【上山温泉】

山形県上山市にある温泉。室町時代から開け、湯野浜、東山とともに奥州三楽郷の一つ。泉質は含石膏(せっこう)弱食塩泉。泉温五五~六八度。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上山温泉の関連情報