コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源啓 みなもとの ひらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源啓 みなもとの-ひらく

829-869 平安時代前期,嵯峨(さが)天皇の皇子。
天長6年生まれ。母は山田近子臣籍にはいり,源姓となる。相模(さがみ),越前(えちぜん)などの国守歴任。従四位上。文章をこのみ,射術もよくし,人格も兄弟の尊敬するところだったという。貞観(じょうがん)11年8月27日死去。41歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源啓の関連キーワード皇子嵯峨

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源啓の関連情報