源扶義(読み)みなもとの すけよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源扶義 みなもとの-すけよし

951-998 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
天暦(てんりゃく)5年生まれ。源雅信(まさのぶ)の4男。母は藤原元方の娘。正暦(しょうりゃく)3年(992)正四位下,5年参議となり,左大弁,大蔵卿などを歴任。有能で一条朝の名臣と評される。近江(おうみ)源氏で,子孫は近江(滋賀県)佐々木荘(しょう)に土着して武士化し,佐々木氏となった。長徳4年7月25日死去。48歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の源扶義の言及

【宇多源氏】より

…宇多天皇を祖とする賜姓源氏。一世の賜姓は藤原忠平室となった源順子など女子のみで,他は斉世,敦慶,敦固,敦実諸親王の子の賜姓である。敦実親王の系統が最も栄えた。親王の子源雅信(920‐993)は左大臣として朝廷に重きをなし,弟重信(922‐995)も左大臣に昇ったが,ともに父敦実親王の才能をうけて音楽の道に秀でていた。雅信の兄の寛朝(かんちよう),弟雅慶(がけい)はともに東寺長者,法務,大僧正となり,真言密教の重鎮として活躍した。…

※「源扶義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android