コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源扶義 みなもとの すけよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源扶義 みなもとの-すけよし

951-998 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
天暦(てんりゃく)5年生まれ。源雅信(まさのぶ)の4男。母は藤原元方の娘。正暦(しょうりゃく)3年(992)正四位下,5年参議となり,左大弁,大蔵卿などを歴任。有能で一条朝の名臣と評される。近江(おうみ)源氏の祖で,子孫は近江(滋賀県)佐々木荘(しょう)に土着して武士化し,佐々木氏となった。長徳4年7月25日死去。48歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の源扶義の言及

【宇多源氏】より

…宇多天皇を祖とする賜姓源氏。一世の賜姓は藤原忠平室となった源順子など女子のみで,他は斉世,敦慶,敦固,敦実諸親王の子の賜姓である。敦実親王の系統が最も栄えた。親王の子源雅信(920‐993)は左大臣として朝廷に重きをなし,弟重信(922‐995)も左大臣に昇ったが,ともに父敦実親王の才能をうけて音楽の道に秀でていた。雅信の兄の寛朝(かんちよう),弟雅慶(がけい)はともに東寺長者,法務,大僧正となり,真言密教の重鎮として活躍した。…

※「源扶義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

源扶義の関連キーワード藤原兼房(1)延尋天暦

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android