源親元(読み)みなもとの ちかもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源親元 みなもとの-ちかもと

1038-1105 平安時代中期-後期の官吏。
長暦(ちょうりゃく)2年生まれ。検非違使(けびいし)のにあるとき,刑罰をゆるめ陰徳をつむ。嘉保(かほう)3年(1096)安房守(あわのかみ)となり,任国に仏堂をたてて民に念仏をすすめた。園城寺で出家。往生人としてつたえられる。長治(ちょうじ)2年11月7日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android