コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源賢 げんけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源賢 げんけん

977-1020 平安時代中期の僧,歌人。
貞元(じょうげん)2年生まれ。源満仲(みつなか)の子。比叡山(ひえいざん)延暦(えんりゃく)寺にはいり,源信にまなんだ。長和元年元慶寺(がんぎょうじ)別当,のち法眼(ほうげん)。和歌をよくし,「後拾遺和歌集」に2首のせられている。寛仁(かんにん)4年6月18日死去。44歳。幼名は美女丸。号は摂津法眼,多田法眼,八尾法眼。家集に「源賢法眼集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源賢

没年:寛仁4.6.18(1020.7.11)
生年:貞元2(977)
平安中期の天台宗の僧,歌人。摂津守源満仲と近江守源俊の娘の子。頼光の同母弟。幼名は美女丸。多田法眼と号す。出家して比叡山の尋禅や源信に師事し,長和2(1013)年に法橋,寛仁1(1017)年法眼となる。殺生を好む父を源信とはかって出家させたという説話(『今昔物語集』19)がある一方,比叡山無双の悪僧であったとも伝えられている(『清和源氏系図』)。歌人としては,『後拾遺和歌集』に2首入集する他,家集『源賢法眼集』があり,散佚私撰集『樹下集』の選者でもある。一説に『往生要集』を開板したという。

(三橋正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

源賢の関連キーワード埋もれ甚し胸潰らわし無きになす思ひ澄ます老い痴らふ潰らはし眺めの空晴るけ所面起こし這ひ入る物凄じい四方の嵐返りごつ辺り辺り胸を潰す立ち隠る数知らず世の重し昼の御座然許り

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android