コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準貨幣 じゅんかへいquasi-money

翻訳|quasi-money

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準貨幣
じゅんかへい
quasi-money

支払手段としての機能はもたないが,即時に確実に現金化できる点で貨幣と区別できない金融資産準通貨,ニア・マネー near money(近似貨幣)ともいう。第2次世界大戦後の欧米先進諸国では,銀行以外の金融仲介機関の発達が著しく,銀行預金と類似の貨幣と代替的な金融資産(貯蓄性預金,信託,保険など)を多様に創設するにいたり,また国債(→公債)の多様な発行によって「国債をいだく経済」としての特色をもつにいたった。こうした金融資産の多様化は伝統的な金融政策を混乱させるおそれがあり,準貨幣の管理が注目され始めて,これに対応する新しい金融理論がジョン・G.ガーレイとエドワード・S.ショーによって構築された。現金通貨預金通貨からなる狭義の貨幣を M1とすると,それに従来準貨幣と考えられていた定期性預金譲渡性預金 CDを加えて広義の貨幣を M2+CDで表す場合が多い。日本における準貨幣としては,定期性預金,譲渡性預金,金融債貸付信託金銭信託郵便貯金などがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんかへい【準貨幣】

定期性預金や短期債など、それ自体は支払い手段として機能しないが、ただちに確実に貨幣に換えることができる金融資産。準通貨。近似貨幣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

準貨幣の関連キーワードマネー・サプライディーナールディルハムM2+CD永楽銭短期債一分銀小判明銭撰銭

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android