コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現金通貨 げんきんつうか cash currency

5件 の用語解説(現金通貨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現金通貨
げんきんつうか
cash currency

最終的な支払い手段として使われる通貨で,現実には法定通貨と考えてよい。日本では日本銀行券 (日銀券) と政府の発行する補助貨 (500円,100円,50円,10円,5円,1円) とがある。現金通貨は勤労者に対する給与の支払い,個人の消費支出中小企業の取引決済などにおもに用いられ,その供給は財政資金の支払い (外国為替特別会計の支払いを含む) や日銀信用 (貸出し,買いオペレーション) で行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんきん‐つうか〔‐ツウクワ〕【現金通貨】

法律によって強制通用力が与えられた貨幣。中央銀行が発行する銀行券と政府が発行する貨幣(硬貨)の総称。マネーストック統計では銀行券発行高と貨幣流通高の合計をいい、金融機関が保有する現金は含まれない。要求払預金とともに経済取引の決済に使用される。流通貨幣

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんきんつうか【現金通貨 currency】

法制上,強制通用力をもつ銀行券および補助貨幣の総称。最終的な支払手段として用いられる。現金通貨は,一部は預貯金引出しなどに備えて金融機関が保有するが,大部分は企業や家計によって保有され,賃金・給与や日々の消費支出の支払あるいは企業間の小口取引の決済などに用いられる。日本では日本銀行券と政府が発行する補助貨幣がこれにあたり,日銀がおもに国債や外国為替を買い入れることにより供給されている。現金通貨に対する用語に預金通貨(当座預金普通預金等)があるが,これは小切手の振出しや口座振替によって支払に用いることができるので,そのように呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんきんつうか【現金通貨】

中央銀行券・政府紙幣・補助貨幣など、法律上最終支払い手段としての資格を与えられている通貨。 → 預金通貨

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現金通貨
げんきんつうか

法的に最終支払手段の資格を与えられ、強制通用力のある貨幣。現金とかお金、キャッシュとよばれ、小口の支払手段として用いられる。日本では1000円札から2000円札、5000円札、1万円札までの紙幣の日本銀行券と記念硬貨を除く1円、5円、10円、50円、100円、500円の政府発行の硬貨である補助貨からなる。預金通貨と対(つい)をなすが、その比率は低下して20%にも満たない。
 通貨の基本として賃金・給料の支払いや個人・家計の消費支出、小口取引の決済など日常の小口取引に用いられる。クレジットカードやプリペイドカード(代金前払いカード)、電子マネーの普及によって現金の節約が進行しており、ますます減少傾向にある。[金子邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の現金通貨の言及

【通貨】より

…ところが,第1次大戦後金本位制度が崩壊して管理通貨制度に移行したのにつれて,銀行券または政府紙幣が本来的な貨幣の地位を占めるようになり,信用取引制度の発達とともに小切手の振出しによって移転される当座預金(広義では要求払預金)が決済手段として使用されるようになってきた。このような変化を反映して中央銀行の債務である銀行券を現金通貨と呼び,他方,要求払預金を預金通貨と呼ぶようになった。ところで,第2次大戦後,金融機構の発達に伴って種々の金融資産が創出されたが,そのなかには貨幣ときわめて類似した性格のものもあった。…

※「現金通貨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

現金通貨の関連キーワード日本銀行券法貨通貨偽造罪強制通風強制通用力制限法貨兌換銀行券無制限法貨強制通風式製麹装置強制通気

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

現金通貨の関連情報