コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝口孤雲 みぞぐち こうん

1件 の用語解説(溝口孤雲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

溝口孤雲 みぞぐち-こうん

1809-1872 江戸時代後期の武士。
文化6年生まれ。肥後熊本藩の家老で,財政・兵制改革につくした。慶応3年(1867)大政奉還にあたり諸侯が朝廷に召集されたとき,藩主名代として京都にゆき,幕府に恭順をすすめる。さらに穏健派11藩の重臣と連絡をとり,朝廷と幕府間の調停につとめた。明治5年3月13日死去。64歳。名は貞直。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

溝口孤雲の関連キーワード大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフラーマ[1世]富岡製糸場竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone