コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝蕎麦 ミゾソバ

デジタル大辞泉の解説

みぞ‐そば【溝蕎麦】

タデ科の一年草。水辺に生え、高さ30~50センチ。茎は少し枝分かれし、下向きのとげがある。葉は矛(ほこ)形で互生し、両面にとげと毛がある。8~10月、淡紅色の小花が集まってつく。うしのひたい。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みぞそば【溝蕎麦】

タデ科の一年草。田の畔あぜや小川の岸などに生える。高さ約40センチメートル。茎は下向きのとげがあり、ほこ形の葉を互生。夏から秋、枝先に淡紅色の小花を球状につける。ウシノヒタイ。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

溝蕎麦 (ミゾソバ)

学名:Persicaria thunbergii var.thunbergii
植物。タデ科の一年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

溝蕎麦の関連キーワードウシノヒタイ糏花