コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶湯鍛造 ようとうたんぞう forging cast process

1件 の用語解説(溶湯鍛造の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ようとうたんぞう【溶湯鍛造 forging cast process】

溶融金属が凝固する際に引け巣や気泡が発生するのを,凝固と同時に鍛造することによって防止する方法。高圧凝固鋳造法半融鍛造法とも呼ばれる。鋳型内に注入された金属が完全に溶けている状態(液相)あるいは半溶融状態(液相と固相が共存)で,プレスによる機械的高圧力を加えて製品を成形し,凝固が完了するまで加圧を続ける。この方法によって機械的性質がすぐれ,寸法精度のよい,緻密な鋳肌の製品を歩留りよく製造できる。1930年代にソ連において研究が開始された方法で,軽合金,銅合金,一部の鉄鋼にも適用されており,現在は大型軽合金部品,耐圧青銅部品,フランジ鋳物などの生産に使用され,将来さらに発展すると期待されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

溶湯鍛造の関連キーワード気泡ガラス凝固熱抗凝固剤湯道後に引けない押湯気泡病溶融飛灰凝血時間凝固時間

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone