コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅相 メッソウ

デジタル大辞泉の解説

めっ‐そう〔‐サウ〕【滅相】

[名]仏語。
四相の一。因縁によって生じた一切のものが現在の存在から滅し去り、過去に入ること。
真如が常住で寂滅であり、生死がないこと。
[形動][文][ナリ]あるはずのないさま。とんでもないさま。「滅相なことを言うものではない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めっそう【滅相】

[0] ( 名 )
〘仏〙
有為四相の一。現在が滅して過去にはいる相。 → 四相
真如が不変で、寂滅であること。
( 形動 ) [文] ナリ 
の意から〕 とんでもないさま。程度のはなはだしいさま。 「そんな-なことは勘弁して下さい」 「あな-なり物体なし/慨世士伝 逍遥
( 副 )
に同じ。 「ほんにこの頃ぢやあ、-口が達者になつたよ/人情本・娘節用」
[句項目] 滅相もない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

滅相の関連キーワードとんでもないきょとい寂滅常住真如仏語四相生死因縁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滅相の関連情報