コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四相 シソウ

デジタル大辞泉の解説

し‐そう〔‐サウ〕【四相】

仏語。物事生物の移り変わる姿を四つにまとめたもの。万物生滅・無常の姿を表す。生まれる生、存在する住、変化する異、なくなる。また、人の一生にたとえて、生・老・病・死。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しそう【四相】

〘仏〙
事物が出現し消滅していく四つの段階。事物がこの世に出現してくる生相しようそう、持続して存在する住相、変化していく異相、消え去っていく滅相。
人間の一生にを当てはめたもの。すなわち、生・老・病・死の各相。
人々がその心身に執着するために抱く四つの誤った相。我・人・衆生しゆじよう・寿者の四相。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

四相の関連キーワードインナー・キャビネット臨時外交調査委員会製造販売後臨床試験第四相臨床試験生産管理闘争フェーズIV釈迦八相図バイエル石生住異滅臨床試験治験薬興亜院仏語源信事物異相衆生滅相

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四相の関連情報