コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝原宋閑 たきはら そうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝原宋閑 たきはら-そうかん

1773-1845 江戸時代後期の歌人。
安永2年生まれ。霊鑑寺宮に医師としてつかえる。はじめ小沢蘆庵(ろあん),のち小川萍流(へいりゅう)に和歌をまなぶ。石州流の茶人としても知られた。弘化(こうか)2年3月12日死去。73歳。京都出身。名ははじめ豊常。通称は将監,監物。号は小竹葉舎,仁住亭。著作に「仮字古鑑」,歌集に「滝原宋閑翁家集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

滝原宋閑の関連キーワードモーツァルトマルクス経済学ラングスドルフティーク秋田蘭画グアテマラゲーテシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)杉田玄白鶴岡一人