コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝田洋二郎 タキタヨウジロウ

4件 の用語解説(滝田洋二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たきた‐ようじろう〔‐ヤウジラウ〕【滝田洋二郎】

[1955~ ]映画監督。富山の生まれ。成人映画を手がけた後、「コミック雑誌なんかいらない!」で一般映画に進出。監督作品「おくりびと」がアカデミー賞の外国語映画賞やモントリオール世界映画祭の最優秀作品賞などを受賞。他に「病院へ行こう」「僕らはみんな生きている」「陰陽師(おんみょうじ)」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

滝田洋二郎【たきたようじろう】

映画監督。1981年監督としてデビュー,成人映画の監督として話題作をつぎつぎ作り注目される。《壬生義士伝》(2004年)で日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞。2008年本木雅弘主演の《おくりびと》で再び同賞と最優秀監督賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝田洋二郎 たきた-ようじろう

1955- 昭和後期-平成時代の映画監督。
昭和30年12月4日生まれ。昭和51年獅子プロに入社。56年「痴漢女教師」が監督デビューで,「連続暴姦」などピンク映画の監督として注目された。「コミック雑誌なんかいらない!」が一般映画の初監督。のち「僕らはみんな生きている」「眠らない街 新宿鮫」「陰陽師」「壬生義士伝」などで受賞をかさねる。平成21年「おくりびと」がアカデミー賞外国語映画賞受賞作となり,日本アカデミー賞最優秀監督賞などを受賞し,文化庁長官表彰をうけた。富山県出身。高岡商業高卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

滝田 洋二郎


芸名
滝田 洋二郎

性別
男性

生年月日
1955/12/04

星座
いて座

干支
未年

出身地
富山県

身長
175cm

職種
文化人

プロフィール
富山県出身。監督作品 映画『おくりびと』では、米国アカデミー賞 最優秀外国語映画賞・第32回 日本アカデミー賞 最優秀作品賞/監督賞などを受賞。主な監督作品に、映画『天地明察』『バッテリー』『壬生義士伝』『陰陽師』『秘密』『僕らはみんな生きている』などがある。

代表作品
邦画『天地明察』監督(2012) / 邦画『おくりびと』監督(2008) / 邦画『壬生義士伝』監督(2003)

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

滝田洋二郎の関連キーワード中小企業中南米映画鳩山一郎内閣鰐淵晴子スズライト SSトヨペットクラウンRS型ヤマハ 125 YA-1型必死の逃亡者春闘田川(市)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滝田洋二郎の関連情報