コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演劇新潮 えんげきしんちょう

2件 の用語解説(演劇新潮の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えんげきしんちょう【演劇新潮】

演劇雑誌。(1)第1次 1924年1月~25年6月,全18冊。山本有三のち久米正雄編集,新潮社発行。(2)第2次 1926年4月~27年8月,全17冊。三宅周太郎編集,文芸春秋社発行。著名な劇作家・劇評家15名を同人に創刊。創作戯曲,劇評,時評,研究,海外演劇の紹介などで震災後の劇壇に新風を吹きこみ,演劇復興をうながし,岸田国士ら新進劇作家を登場させた意義は大きい。【藤木 宏幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

演劇新潮
えんげきしんちょう

演劇雑誌。1924年(大正13)1月創刊。24年度は山本有三、ついで久米正雄(くめまさお)の編集で、新潮社刊。歌舞伎(かぶき)や新劇の評論、研究、第一次世界大戦後の海外演劇の紹介など内容は多岐にわたるが、巻頭に久保田万太郎、菊池寛ら同人その他有力劇作家の書き下ろし戯曲を、それも1段組みで掲載しているのが特色で、文芸誌のカラーが濃い。翌年6月で休刊。劇評家の三宅(みやけ)周太郎が受け継いで、26年4月に文芸春秋社から復刊された。第一次よりも砕けた内容だが、これも続かず、翌年9月で廃刊となった。[土岐迪子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

演劇新潮の関連キーワードシャウプ勧告導関数マロリー三木竹二初号栗原祐幸鈴木力衛田畑麦彦戸部銀作

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone