コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演劇新潮 えんげきしんちょう

世界大百科事典 第2版の解説

えんげきしんちょう【演劇新潮】

演劇雑誌。(1)第1次 1924年1月~25年6月,全18冊。山本有三のち久米正雄編集,新潮社発行。(2)第2次 1926年4月~27年8月,全17冊。三宅周太郎編集,文芸春秋社発行。著名な劇作家・劇評家15名を同人に創刊。創作戯曲,劇評,時評,研究,海外演劇の紹介などで震災後の劇壇に新風を吹きこみ,演劇復興をうながし,岸田国士ら新進劇作家を登場させた意義は大きい。【藤木 宏幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

演劇新潮
えんげきしんちょう

演劇雑誌。1924年(大正13)1月創刊。24年度は山本有三、ついで久米正雄(くめまさお)の編集で、新潮社刊。歌舞伎(かぶき)や新劇の評論、研究、第一次世界大戦後の海外演劇の紹介など内容は多岐にわたるが、巻頭に久保田万太郎、菊池寛ら同人その他有力劇作家の書き下ろし戯曲を、それも1段組みで掲載しているのが特色で、文芸誌のカラーが濃い。翌年6月で休刊。劇評家の三宅(みやけ)周太郎が受け継いで、26年4月に文芸春秋社から復刊された。第一次よりも砕けた内容だが、これも続かず、翌年9月で廃刊となった。[土岐迪子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

演劇新潮の関連キーワード生きてゐる小平次鴇田 英太郎三宅 周太郎新潮社(株)能島 武文鈴木泉三郎築地小劇場関口 次郎チロルの秋西村 晋一北尾 亀男関口次郎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android