漱石枕流(読み)そうせきちんりゅうう

  • ×漱石▽枕流
  • そうせきちんりゅう〔チンリウ〕

四字熟語を知る辞典の解説

負け惜しみが強く、自分の意見をあくまでも押し通したり、こじつけのうまいことのたとえ。

[使用例] (夏目漱石が)この雅号を用い出したのは明治二十二年からの事で、言うまでもなく「流漱」の故事から出ている。「流れにくちそそぎ、石にまくらす」というべきところを、しんそんが「流れに枕し、石に漱ぐ」とやってしまい、とうとうそれで強情を張りとおしたという事で、強情張りの変屈者のことだ[松岡譲*ああ漱石山房|1967]

[使用例] 昔の中国に「漱石枕流」なる成語がある。本来「石に枕し流れに口すすぐ」というべきを逆にしたのは、誤りを承知の上の負けおしみなのだ[渋沢秀雄*大いなる明治|1979]

[解説] このことばは、慣用句として使うよりも、故事の一部として紹介されることが多いようです。上の例文にも出てくる故事ですが、改めて説明します。中国の南北朝時代の「世説新語」や、唐代の「晋書」にある話です。
 政治家のそんけい(孫楚)は若い頃、いんとんして「ちんせきそうりゅう」の生活をしたいと考えました。石を枕に寝て、川の流れにくちすすぐ(うがいをする)という生活です。
 ところが、友人の王武子にこの話をする時、誤って「漱石枕流」と言ってしまいました。「石にくちすすぎ、流れに枕す」とは何のことだ、と王武子にからかわれます。孫子荊は負けずに「流れを枕に寝て耳を洗うのだ。石を口に含んで歯を磨くのだ」とこじつけて答えました。
 夏目漱石の号も、ここから来ています。孫子荊の負けず嫌いの態度が、作家・漱石の気に入ったのでしょうか。
 ちなみに、当て字で「さすが」を「流石」と書くのも、このうまい言い訳から来ていると言われます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android