濯ぐ/洒ぐ/滌ぐ/漱ぐ(読み)ススグ

デジタル大辞泉の解説

すす・ぐ【濯ぐ/×洒ぐ/×滌ぐ/×漱ぐ】

[動ガ五(四)]《上代は「すすく」》
汚れを水で洗い落とす。水で清める。「洗濯物を―・ぐ」「手足を―・ぐ」
(漱ぐ)水などで口中をきれいにする。うがいをする。ゆすぐ。「口を―・ぐ」
(「雪ぐ」とも書く)身に受けた恥や不名誉を除き去る。「恥を―・ぐ」「汚名を―・ぐ」
洗う[用法]
[可能]すすげる

ゆす・ぐ【濯ぐ】

[動ガ五(四)]水の中で揺り動かして、また、中の水を揺り動かして洗う。すすぐ。「汚れ物を―・ぐ」「口を―・ぐ」
[可能]ゆすげる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いすぐ【濯ぐ】

( 動四 )
「ゆすぐ」の転。 「なに脚半を-・げか/滑稽本・膝栗毛

ゆすぐ【濯ぐ】

( 動五[四] )
ゆり動かしてよごれを洗う。すすぐ。 「洗濯物を-・ぐ」
[可能] ゆすげる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android