石に漱ぎ流れに枕す(読み)イシニクチススギナガレニマクラス

  • いし
  • に 漱(くちすす)ぎ流(なが)れに枕(まくら)す
  • 石(いし)に漱(くちすす)ぎ流(なが)れに枕(まくら)す

デジタル大辞泉の解説

負け惜しみの強いことのたとえ。また、(へ)理屈をつけて言い逃れることのたとえ。晋(しん)の孫楚(そんそ)が「石に枕し流れに漱ぐ」というべきところを「に漱ぎ流れにす」と誤り、「石に漱ぐ」とはを磨くこと、「流れに枕す」とは耳を洗うことだとこじつけたという、「晋書」孫楚伝の故事による。漱石枕流(そうせきちんりゅう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

屁理屈を並べ負け惜しみの強いことのたとえ。漱石枕流そうせきちんりゆう世説新語排調にある故事から出た句。晋しんの孫楚そんそが、石に枕し流れに漱ぐと言うべきところを誤って石に漱ぎ流れに枕すと言ってしまい、とがめられると、石に漱ぐのは歯を磨くため、流れに枕するのは耳を洗うためだ、と言ってごまかしたという

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(中国、晉(しん)の孫楚(そんそ)が「石に枕し流れに漱ぐ」を「石に漱ぎ流れに枕す」と言い誤ったのを、「石に漱ぐ」は歯を磨くため、「流れに枕す」は耳を洗うためだとこじつけ弁解したという「晉書‐孫楚伝」の故事から) 負け惜しみが強く、自分の誤りに、へ理屈をつけていいのがれることのたとえ。夏目漱石の号はこれに由来する。岩に漱ぐ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

負け惜しみが強く、自分の誤りに、へ理屈をつけていいのがれることのたとえ。

[解説] 中国、そんが「石に枕し流れに漱ぐ」を「石に漱ぎ流れに枕す」と言い誤ったのを、「石に漱ぐ」は歯を磨くため、「流れに枕す」は耳を洗うためだとこじつけ弁解したという「晋書―孫楚伝」の故事によることば。夏目漱石の号はこれに由来します。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

負け惜しみが強く、自分が間違えても、へ理屈をつけて言い逃れることのたとえ。

[由来] 「世説新語はい調ちょう」の次のような話から。三世紀の中国、西せいしん王朝の時代のこと。田舎で自然のままの暮らしをしたいと考えている、そんという人物がいました。彼は友人に、「石に枕し流れに漱ぐ(石を枕にして眠りにつき、目覚めたら川の流れで口を洗う)」ような生活をするつもりだ、告げようとしました。しかし、実際に口から出たのは、「石に漱ぎ流れに枕す」ということば。友人に言い間違いを指摘された彼は、「石に漱ぐ」のは歯を磨くため、「流れに枕す」るのは耳を洗うためだ、とへ理屈を言って、自分の間違いを認めなかったということです。

[解説] 文豪、夏目漱石の号は、自分は負けず嫌いだという意味を込めて、この故事から取ったものです。

〔異形〕そうせきちんりゅう

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android