コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潦/行潦 ニワタズミ

デジタル大辞泉の解説

にわ‐たずみ〔にはたづみ〕【×潦/行潦】

[名]雨が降って、地上にたまり流れる水。
「はなはだも降らぬ雨故―いたくな行きそ人の知るべく」〈・一三七〇〉
[枕]地上にたまった水が流れるようすから、「流る」「すまぬ」「行方しらぬ」にかかる。
「―流るる涙留めかねつも」〈・四一六〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にわたずみ【潦】

( 名 )
雨が降って地上にたまったり流れたりする水。 「はなはだも降らぬ雨故-いたくな行きそ人の知るべく/万葉集 1370
( 枕詞 )
比喩的に「流るる」「川」「行方知らぬ」などにかかる。 「 -流るる涙止めそかねつる/万葉集 178

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

潦/行潦の関連キーワードシウ(修)水瞬匕亭角上流光斎如圭虫売り万葉集ねつ地上延長角上

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android