コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮岬会合 しおのみさきかいごう

世界大百科事典 第2版の解説

しおのみさきかいごう【潮岬会合】

和歌山県潮岬の近隣漁村民が漁業上の規約を決め,その履行を誓うために御崎神社で行った集会。集会の創設は南北朝期ころまでさかのぼることができるが,成文規約の形で明確化したのは寛永期(1624‐44)である。規約の骨子・内容は近世期を通じて大きな変化はみられず,維新後も布達,省令や旧漁業法に基づく編制を経て,潮岬漁業組合に継承された。会合には西牟婁郡の上野浦・出雲浦・串本浦を触頭に有田~周参見までの12ヵ浦,東牟婁郡の大島~下田原までの6ヵ浦のつごう18ヵ浦が参加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android