コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮岬会合 しおのみさきかいごう

1件 の用語解説(潮岬会合の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しおのみさきかいごう【潮岬会合】

和歌山県潮岬の近隣漁村民が漁業上の規約を決め,その履行を誓うために御崎神社で行った集会。集会の創設は南北朝期ころまでさかのぼることができるが,成文規約の形で明確化したのは寛永期(1624‐44)である。規約の骨子・内容は近世期を通じて大きな変化はみられず,維新後も布達,省令や旧漁業法に基づく編制を経て,潮岬漁業組合に継承された。会合には西牟婁郡の上野浦・出雲浦・串本浦を触頭に有田~周参見までの12ヵ浦,東牟婁郡の大島~下田原までの6ヵ浦のつごう18ヵ浦が参加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

潮岬会合の関連キーワード漁村潮岬和歌山県和歌山県立医科大学和歌山大学漁業免許串本宗規わかちゃん小野真次

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone