コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮田又之丞 うしおだ またのじょう

1件 の用語解説(潮田又之丞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

潮田又之丞 うしおだ-またのじょう

1669-1703 江戸時代前期の武士。
寛文9年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士のひとり。200石で馬廻と国絵図奉行をかねた。討ち入り後,吉良上野介の首を槍の先につけて泉岳寺におもむいた。肥後熊本藩の下屋敷で元禄(げんろく)16年2月4日切腹。35歳。名は高教(たかのり)。変名は原田斧右衛門。
【格言など】もののふの道とばかりを一筋に思ひ立ちぬる死出の旅路に(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

潮田又之丞の関連キーワード朽木定盛死人小左衛門多賀左近妻木頼隆寺村山川間新六堀勝政間瀬孫九郎松平可正森祐知

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone