コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉岳寺 せんがくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泉岳寺
せんがくじ

江戸三大寺の1つ。曹洞宗東京都港区高輪にある。山号は万松山。慶長 17 (1612) 年徳川家康の命により門庵宗関を開山として外桜田に建立され,寛永 18 (41) 年現地に移されたといわれる。播州赤穂城主浅野家の菩提寺で,元禄 14 (1701) 年内匠頭長矩 (たくみのかみながのり) がここに葬られ,翌年吉良義央を討った大石良雄ら四十七士の墓がある。 (→赤穂義士 , 赤穂事件 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

泉岳寺【せんがくじ】

東京都港区高輪にある曹洞宗の寺。1612年徳川家康の命で門庵宗関が開創。外桜田から1641年現地に移した。曹洞宗江戸三ヵ寺の一つ。浅野・毛利家などの菩提(ぼだい)寺であった。
→関連項目高輪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

泉岳(せんがく)寺

東京都港区にある寺院。1612年創建。曹洞宗。本尊釈迦如来。元禄赤穂事件で知られる浅野長矩赤穂浪士の墓がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんがくじ【泉岳寺】

東京都港区高輪にある曹洞宗の寺。山号は万松山(ばんしようざん)。赤穂浪士の墓で知られる。1612年(慶長17)徳川氏により外桜田に創建され,開山には大中寺(栃木県大平町)の建室宗寅(けんしつそうえん)の弟子,門庵宗関(もんなんそうかん)(今川義元の三男ともいわれる)が迎えられた。41年(寛永18)現在地に移転し,浅野家,毛利家,朽木家などの菩提寺となった。江戸時代は橋場総泉寺,芝青松寺とともに曹洞宗江戸三ヵ寺の一つとして同宗の宗政を担当し,境内にあった9棟の学寮には100~200人の僧が修学していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泉岳寺
せんがくじ

東京都港区高輪(たかなわ)にある曹洞(そうとう)宗の寺。万松(ばんしょう)山と号する。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。1612年(慶長17)下野(しもつけ)国(栃木県)大中寺の門庵(もんあん)宗関(そうかん)が徳川家康の帰依(きえ)を受けて外桜田の地に創建したが、火災にあい、1641年(寛永18)現在の地に移った。1677年(延宝5)橋場(台東(たいとう)区)の総泉寺、愛宕(あたご)(港区)の青松(せいしょう)寺とともに曹洞宗江戸三か寺触頭(ふれがしら)となった。播州(ばんしゅう)(兵庫県)赤穂(あこう)浅野家の菩提(ぼだい)所で、1701年(元禄14)浅野長矩(ながのり)が切腹すると、この寺に葬られ、03年大石良雄ら赤穂浪士が切腹して同じくこの寺に埋葬された。かつては福島二松城主丹羽(にわ)家の援助による泉岳寺学寮が設けられて、曹洞宗学徒の研修の場であった。寺内の玉垣の中に浅野長矩、同夫人瑤泉院(ようぜいいん)の墓があり、南の丘に四十七士の墓がある。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

泉岳寺の関連キーワード浅野長矩墓および赤穂義士墓モーニング・ウィング号京浜急行電鉄(株)文化3年の大火寺坂吉右衛門高輪大木戸跡京浜急行電鉄潮田又之丞文化の大火元禄忠臣蔵東京都港区京成電鉄野呂元丈港(区)八橋検校大西定林版橈晃全木部滄洲念無し妙海尼

泉岳寺の関連情報