コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄心 ちょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澄心 ちょうしん

939-1014 平安時代中期の僧。
天慶(てんぎょう)2年生まれ。三論宗。奈良東大寺東南院の観理にまなぶ。のち同院主。元興寺(がんごうじ)別当をへて,寛弘(かんこう)4年東大寺別当となった。少僧都。長和3年2月25日死去。76歳。伊賀(いが)(三重県)出身。俗姓佐伯

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

澄心の関連キーワード黄州寒食詩巻庵原澄心斎文房四宝澄心堂紙哲巌祖濬南唐文化陳献章玉泉山雅慶宣紙済慶天慶有慶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android