コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄心 ちょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澄心 ちょうしん

939-1014 平安時代中期の僧。
天慶(てんぎょう)2年生まれ。三論宗。奈良東大寺東南院の観理にまなぶ。のち同院主。元興寺(がんごうじ)別当をへて,寛弘(かんこう)4年東大寺別当となった。少僧都。長和3年2月25日死去。76歳。伊賀(いが)(三重県)出身。俗姓は佐伯。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

澄心の関連キーワードサムイルスベン[1世]Socket 939定款金の相場巴里紫式部ハインリヒ[2世]永超心誉

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone