(読み)すみ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「澄」の解説

すみ【澄】

長野粕取り焼酎。しぼりたての新粕を蒸留し、熟成させる。原料清酒粕。アルコール度数20%、25%。蔵元の「宮坂醸造」は寛文2年(1662)創業。清酒「真澄」の醸造元。所在地は諏訪市元町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉「澄」の解説

ちょう【澄】[漢字項目]

常用漢字] [音]チョウ(漢) [すむ すます
清らかにすみわたる。「澄明清澄明澄
[名のり]きよ・きよし・すみ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android