コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄田智 スミタサトシ

2件 の用語解説(澄田智の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すみた‐さとし【澄田智】

[1916~2008]官僚・銀行家。群馬の生まれ。大蔵省で銀行局長や事務次官を歴任。退官後は日本輸出入銀行総裁などを経て、日本銀行総裁に就任した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澄田智 すみた-さとし

1916-2008 昭和後期-平成時代の官僚,経営者。
大正5年9月4日生まれ。昭和15年大蔵省(現財務省)にはいり,戦時中は海軍主計将校。21年同省に復帰し,銀行局長時代に金融の効率化を推進。44年事務次官となり,第一銀行と日本勧業銀行の合併(第一勧業銀行みずほ銀行の前身のひとつ)を支援した。退官後,47年日本輸出入銀行(現国際協力銀行)総裁,59年から平成元年まで日本銀行総裁をつとめた。平成20年9月7日死去。92歳。群馬県出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

澄田智の関連キーワード採石業登録記念物女性労働アロー号ブロッホ歴史小説服部紗弥立花麗美加瀬澤拓未井手上梓

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

澄田智の関連情報