澄田智(読み)スミタサトシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澄田智 すみた-さとし

1916-2008 昭和後期-平成時代の官僚,経営者。
大正5年9月4日生まれ。昭和15年大蔵省(現財務省)にはいり,戦時中は海軍主計将校。21年同省に復帰し,銀行局長時代に金融の効率化を推進。44年事務次官となり,第一銀行と日本勧業銀行の合併(第一勧業銀行みずほ銀行の前身のひとつ)を支援した。退官後,47年日本輸出入銀行(現国際協力銀行)総裁,59年から平成元年まで日本銀行総裁をつとめた。平成20年9月7日死去。92歳。群馬県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

澄田智の関連情報