コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄豪(1) ちょうごう

1件 の用語解説(澄豪(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澄豪(1) ちょうごう

1049-1133 平安時代中期-後期の僧。
永承4年生まれ。比叡(ひえい)山で清朝(せいちょう)に天台をまなぶ。隆範に師事して檀那流をつぎ,のち恵光房(えこうぼう)流をひらいた。大治(だいじ)4年権(ごんの)律師。長承2年8月21日死去。85歳。通称は大律師。号は恵光房。著作に「紅葉赤山影響秘奥密記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

澄豪(1)の関連キーワード円快安慶安倍基尚覚実(1)雄安感世行勝(1)尋空源基子(1)良祐(1)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone