コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄豪(1) ちょうごう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澄豪(1) ちょうごう

1049-1133 平安時代中期-後期の僧。
永承4年生まれ。比叡(ひえい)山で清朝(せいちょう)に天台をまなぶ。隆範に師事して檀那流をつぎ,のち恵光房(えこうぼう)流をひらいた。大治(だいじ)4年権(ごんの)律師。長承2年8月21日死去。85歳。通称は大律師。号は恵光房。著作に「紅葉赤山影響秘奥密記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

澄豪(1)の関連キーワード澄豪法然特別支援学校の統合秦観政府債務一柱寺文同レオ[9世]伊勢大輔皇慶

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone