コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦観 しんかんQin Guan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秦観
しんかん
Qin Guan

[生]皇祐1(1049)
[没]元符3(1100)
中国,北宋の文学者。揚州高郵 (江蘇省) の人。字,少游,太虚。号,淮海居士。元豊8 (1085) 年進士に及第。蘇軾の推薦で太学博士となり国史院編修官を兼ね,黄庭堅らと『神宗実録』の編纂にあたったが,蘇軾の失脚後は転々と左遷された。徽宗の即位後召還されたが,途中病没した。黄庭堅,張耒 (ちょうらい) ,晁補之とともに「蘇門四学士」と称される。性格は外向的であったが,詩ははなはだ感傷的であり,むしろ師の蘇軾と傾向を異にする抒情的なの分野で著名。詩文集『淮海集・後集』 (46巻) ,詞集『淮海長短句』 (3巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんかん【秦観 Qín Guān】

1049‐1100
中国,北宋の文人官僚,詩人。字は少游または太虚,号は淮海居士。江蘇省高郵の人。蘇軾(東坡)と親しく,蘇門四学士の一人。進士試験に及第,太学博士,国史院編修官となる。蘇東坡の失脚とともに左遷され,広西の藤州で客死した。詩および歌辞文芸,にすぐれ,繊細で抒情的な作風から婉約派の称がある。詩文集《淮海集》40巻,後集20巻。詞集《淮海居士長短句》3巻。【村上 哲見】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんかん【秦観】

1049~1100) 中国、北宋の詞人。字あざなは少游または太虚。蘇軾門四学士の一人。抒情詩にすぐれた。詩文集「淮海集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秦観
しんかん
(1049―1100)

中国、北宋(ほくそう)の文人。字(あざな)は少游(しょうゆう)、また太虚。淮海居士(わいかいこじ)と号した。高郵(江蘇(こうそ)省)の人。蘇軾(そしょく)門下の四学士の一人。1085年(元豊8)進士に及第。元祐(げんゆう)(1086~93)の初年、蘇軾の推薦で太学博士となり、国史編集官となったが、紹聖(1094~97)の初め、旧法党に属していたため、新法党の台頭により、(ちんしゅう)(湖南省)からさらに雷州(広東(カントン)省)へと流され、のちに許されて帰る途中、藤州(広西省)で客死した。詩文をよくし、とくに詞(し)に優れた。詩は精緻(せいち)な修辞を得意とし、詞は感傷に富み北宋の婉約(えんやく)派を代表する。著に『淮海集』があり、詞集に『淮海居士長短句』がある。[青山 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

秦観の関連キーワード人間詞話青山

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android