コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦観 しんかん Qin Guan

5件 の用語解説(秦観の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秦観
しんかん
Qin Guan

[生]皇祐1(1049)
[没]元符3(1100)
中国,北宋の文学者。揚州高郵 (江蘇省) の人。字,少游,太虚。号,淮海居士。元豊8 (1085) 年進士に及第。蘇軾の推薦で太学博士となり国史院編修官を兼ね,黄庭堅らと『神宗実録』の編纂にあたったが,蘇軾の失脚後は転々と左遷された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しん‐かん〔‐クワン〕【秦観】

[1049~1100]中国、北宋の文人。字(あざな)は少游または太虚、号は淮海居士(わいかいこじ)。高郵(江蘇省)の人。蘇軾(そしょく)の弟子。すぐれた抒情詩を多く残した。著「淮海集」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんかん【秦観 Qín Guān】

1049‐1100
中国,北宋の文人官僚,詩人。字は少游または太虚,号は淮海居士。江蘇省高郵の人。蘇軾(東坡)と親しく,蘇門四学士の一人。進士試験に及第,太学博士,国史院編修官となる。蘇東坡の失脚とともに左遷され,広西の藤州で客死した。詩および歌辞文芸,にすぐれ,繊細で抒情的な作風から婉約派の称がある。詩文集《淮海集》40巻,後集20巻。詞集《淮海居士長短句》3巻。【村上 哲見】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんかん【秦観】

1049~1100) 中国、北宋の詞人。字あざなは少游または太虚。蘇軾門四学士の一人。抒情詩にすぐれた。詩文集「淮海集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秦観
しんかん
(1049―1100)

中国、北宋(ほくそう)の文人。字(あざな)は少游(しょうゆう)、また太虚。淮海居士(わいかいこじ)と号した。高郵(江蘇(こうそ)省)の人。蘇軾(そしょく)門下の四学士の一人。1085年(元豊8)進士に及第。元祐(げんゆう)(1086~93)の初年、蘇軾の推薦で太学博士となり、国史編集官となったが、紹聖(1094~97)の初め、旧法党に属していたため、新法党の台頭により、(ちんしゅう)(湖南省)からさらに雷州(広東(カントン)省)へと流され、のちに許されて帰る途中、藤州(広西省)で客死した。詩文をよくし、とくに詞(し)に優れた。詩は精緻(せいち)な修辞を得意とし、詞は感傷に富み北宋の婉約(えんやく)派を代表する。著に『淮海集』があり、詞集に『淮海居士長短句』がある。[青山 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秦観の関連キーワード厳羽蔡元定周邦彦曹知白孟郊劉義慶臨川集郭熙曽鞏墨竹

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone