コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリュニー修道院 クリュニーしゅうどういんL'Abbaye de Cluny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリュニー修道院
クリュニーしゅうどういん
L'Abbaye de Cluny

フランスのクリュニーを根拠としたベネディクト会修道院。創立は 910年。最初の修道院長はベルノー (在職 906~927) で,彼の指導下に聖堂 (第1期) そのほかの建物が建立された。その後継者たちの時代に,その精神活動は高まり,各地のベネディクト会修道院群の改新を遂行し,11世紀後半のフーゴー院長の時代にはその頂点に達した。第2期クリュニー修道院の建設は,981年頃。三廊十字形のバシリカ式聖堂で,3つの東アプスをもち,筒形ボールトのアトリウムとナルテックス,トンネル形ボールトの身廊部から成る。このタイプの聖堂は,ブルゴーニュからノルマンディー,さらにドイツのヒルザウの聖堂にまで影響を及ぼした。スペインのサン・ファン・デ・ラ・ペーニャもこの様式。第3期クリュニー修道院は,フーゴー院長時代の 1088~1130年頃に着工され,40年ないし 45年を費やして完成。東西約 184m,身廊部の高さ約 29m。2つの東袖廊 (トランセプト) ,4つのアイル,半円形のアンビュラトリー,5つの放射状に配置された礼拝堂をもち,筒形ボールトの身廊部が交差ボールトの天井をもつ側廊に支えられている。この建築は,当時最大の規模,最新の技術で,またその柱頭彫刻そのほかの彫刻絵画もロマネスク美術の代表的な傑作で,その影響は,ドイツ,スペイン,イタリア,スイスにまで及んでいる。フランス革命によって修道院は廃され,建物の大半は破壊されて,現存しているのは第3期の一部のみである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クリュニー‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【クリュニー修道院】

Abbaye de Cluny》フランス中東部、ブルゴーニュ地方、ソーヌ‐エ‐ロアール県の村クリュニーにあったベネディクト会修道院。10世紀初め、アキテーヌ公ギョーム1世が創設。11世紀に修道院の俗化に対抗する改革運動の中心地となったことで知られる。12世紀当時、キリスト教建築の最大の規模を誇り、ブルゴーニュ派ロマネスク様式の傑作とされたが、フランス革命などで荒廃し、現在は遺構がわずかに残るだけとなっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

クリュニー修道院【クリュニーしゅうどういん】

フランス中東部,ブルゴーニュ地方の古い町クリュニーClunyにあるベネディクト派の修道院。909年―910年アキテーヌ公ギヨーム1世が創設,修道院改革運動(クリュニー改革)の中枢として,最盛期の12世紀中葉には全欧での分院数1500を数え,絶大な影響力を誇った。
→関連項目帝国教会政策ベネディクト会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリュニーしゅうどういん【クリュニー修道院】

909‐910年に,アキテーヌ公ギヨーム1世によって彼の所領ブルゴーニュのクリュニー荘園内に建設された修道院で,初代修道院長ベルノー以下歴代優れた修道院長をえて修道院改革(クリュニー改革)に空前の成功を収めた。当初からの貧民救済と第2代院長オドーOdo(878ころ‐942)から始まる典礼の重視は不安な時代に生きる人々の心を当院に向けさせ,農民のみならず上層階級の支持をも受けた。この修道院の制度的特色をなす分院体制に基づく中央集権的組織は特に11世紀初頭における幾つかの教皇特許状によって,司教権をも排除しうる教皇直属の修道会として強化された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クリュニーしゅうどういん【クリュニー修道院】

フランス中東部の町クリュニー(Cluny)に、910年創設されたベネディクト会修道院。一一世紀、世俗化に反対する教会改革運動の中心となる。ロマネスク様式の建築で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリュニー修道院
くりゅにーしゅうどういん
L'Abbaye de Cluny

フランスの中東部、ソーヌ・エ・ロアール県の小村クリュニーにあるベネディクト会修道院。910年アキテーヌ公ギョーム1世が創設に力を貸したこの修道院は司教および封建諸侯から独立してローマ教皇庁と直結し、11世紀に「クリュニーの改革」とよばれた修道院改革の中心となった。2代目修道院長オドーののち、オディロー(在位994~1049)、ユーグ(在位1049~1109)の二大院長時代にはクリュニーだけで400人以上の修道僧が住み、12世紀初頭には約1500の同派修道院がヨーロッパ各地に生まれて一大勢力を誇った。聖ペテロとパウロに捧(ささ)げられた付属教会は1095年に献堂式が行われたが、当時のキリスト教建築中最大の規模をもち、ブルゴーニュ派ロマネスク建築の出発点となった。しかし14世紀にはすでにその勢力は衰え、16世紀の宗教戦争中は荒廃にさらされた。さらにフランス革命ののち1823年には、かつての大修道院のおもかげは失われ、今日みるようなわずかの遺構を残すのみとなった。[名取四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクリュニー修道院の言及

【ドイツ】より

…それが叙任権闘争である。その端緒となったのは10世紀に南フランスのクリュニー修道院で起こった教会改革運動であった。聖職売買の批判からはじまったこの運動はやがて私有教会制の否定にまですすみ,世俗君主が聖職者を任免してきたゲルマン諸国の慣習と全面的に対立することになった。…

※「クリュニー修道院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クリュニー修道院の関連キーワードサン・ピエール修道院聖堂[モアサック]サン・ラザール大聖堂[オータン]サンチョ・ガルセス[3世]ステファヌス8世(9世)クリュニー修道院改革運動ペトルス・ウェネラビリスゴドフロア・ド・ブイヨンベネディクツス8世十二世紀ルネサンスウルバヌス[2世]アナクレツス2世グレゴリウス7世グレゴリウス8世サンチョ(3世)ヨハネス10世ウルバヌス2世ゲラシウス2世スペイン美術ゴシック美術フランス史

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android