澆季(読み)ギョウキ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐き〔ゲウ‐〕【×澆季】

《「澆」は軽薄、「季」は末の意》
道徳が衰え、乱れた世。世の終わり。末世。
「―溷濁(こんだく)の俗界」〈漱石草枕
後の世。後世。末代。
「―にこれを伝へたり」〈平治・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうき【澆季】

〔「澆」は軽薄、「季」は末の意〕
道義の衰え乱れた末の世。末世。季世。 「道徳が腐敗したとか-になつたとか歎息する/一隅より 晶子
後の世。後世。末代。 「 -に是をつたへけり/平治 上・古活字本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android