濃藍(読み)こいあい

色名がわかる辞典の解説

こいあい【濃藍】

色名の一つ。JISの色彩規格では「ごく暗い」としている。一般に、色名のとおり濃い藍色のこと。藍色と紺色の中間で、紺色よりもわずかに明るいとする説もあるが、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色で印刷をする場合、黒インク(ブラック)の割合は紺色よりわずかに多い。ただし、並べて比較しなければ気づかない程度の違いである。似た色は『延喜式えんぎしき』にも記述されるほど歴史が古い。また藍色や紺色の系統は茶色系統、鼠色系統とともに江戸時代の流行色で、極めて多彩な色が生まれている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android