瀬古利彦(読み)せことしひこ

百科事典マイペディアの解説

瀬古利彦【せことしひこ】

マラソン選手。三重県生れ。中学のころより中・長距離走で活躍。早稲田大学入学後中村清監督と出会い,マラソンに転向。安定したピッチ走法ラストスパートでの瞬発力により,世界的選手となる。1978年から1980年,福岡国際マラソン3連覇。1980年ヱスビー食品入社。ボストン・マラソンなど海外の国際大会でも優勝したが,1980年のモスクワオリンピックは日本不参加,続く1984年のロサンゼルスオリンピックは14位,1988年ソウルオリンピックは9位に終わった。1988年の引退後はヱスビー食品陸上部の監督を務める。自己最高記録は2時間8分27秒(1986年,シカゴマラソン)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬古利彦 せこ-としひこ

1956- 昭和後期-平成時代の陸上競技選手,マラソン選手,指導者。
昭和31年7月15日生まれ。四日市工高では陸上中距離で活躍。早大にすすみ,中村清の指導でマラソンに転向。昭和53年福岡国際で優勝。ヱスビー食品に入社し,安定したピッチ走法で63年まで国内外で10回優勝。59年ロス五輪14位,63年ソウル五輪9位。引退後,ヱスビー食品陸上部の監督。平成17年日本陸連理事。19年日本オリンピック委員会(JOC)理事。25年DeNAランニングクラブ総監督。三重県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬古利彦の関連情報