コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬古利彦 せことしひこ

2件 の用語解説(瀬古利彦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

瀬古利彦【せことしひこ】

マラソン選手。三重県生れ。中学のころより中・長距離走で活躍。早稲田大学入学後中村清監督と出会い,マラソンに転向。安定したピッチ走法ラストスパートでの瞬発力により,世界的選手となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬古利彦 せこ-としひこ

1956- 昭和後期-平成時代の陸上競技選手,マラソン選手,指導者。
昭和31年7月15日生まれ。四日市工高では陸上中距離で活躍。早大にすすみ,中村清の指導でマラソンに転向。昭和53年福岡国際で優勝。ヱスビー食品に入社し,安定したピッチ走法で63年まで国内外で10回優勝。59年ロス五輪14位,63年ソウル五輪9位。引退後,ヱスビー食品陸上部の監督。平成17年日本陸連理事。19年日本オリンピック委員会(JOC)理事。25年DeNAランニングクラブ総監督。三重県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

瀬古利彦の関連キーワード日本陸上競技連盟日本身体障害者陸上競技連盟飯島秀雄小掛照二堀端宏行高田静雄高野進帖佐寛章飛田平一鈴木雄介

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬古利彦の関連情報